おでこ植毛

薄毛治療の先進国アメリカでは定番!植毛治療

植毛とは、後頭部などの髪の多い部分から取り出した髪を、薄毛で気になるところに植える方法
自毛植毛人工植毛とありますが、より効果が高く自然な生え際を作るのは自毛植毛となります。

移植する後頭部や側頭部の髪の毛は、抜け毛の原因である男性ホルモン・ジヒドロテストステロンの影響が受けにくいものとなっています。しかも、ドナードミナントという性質を持ち、移植しても元の髪の性質のままで抜けにくい…といった特徴が。

より高い定着率を望むのであれば、人工ではなく自毛植毛の方が最適
自分の生きている髪の毛ですから、自然な感じで馴染み、トラブルも起こりにくいものとなっています。

人工植毛では一度抜けた毛は二度と生えてこないですし、メンテナンス手術の必要性もあり大変ですが、自毛自殖ならそういった心配も必要性もないのです。
当日は、入院することなく日帰りで終わらせることも可能です。

このように、自毛自殖にはたくさんのメリットがあるので、薄毛の先進国として有名なアメリカでは定番の治療法にもなっています。
日本でも、じわじわと取り入れるところが増えてきているのです。

ただし、植毛できる本数は限られているので、無限に植えることはできません。
少ない本数でも濃く、多くあるように見せることができる腕の良い医師に頼むのがポイントとなります。
医師の力量にかかっているともいえるので、自毛自殖の症例数が多い、実績のあるクリニックを選ぶようにするといいでしょう。

植毛手術の術式

自毛植毛をおこなう手術には、FUT法FUE法とあります。

FUT法はメスを使って後頭部の皮膚を帯状にカットして移植する術式で、縫合や抜糸が必要となり、ある程度の痛みもともないます。
回復するのにも時間がかかるので、体への負担が大きいのがデメリットともいえます。
ただ、採取したドナーの毛根を傷つけるリスクが低いといったメリットはあります。

FUE法はメスを使わないで、パンチブレードという機械で小さい穴をあけて毛根から採取する方法です。
メスを使わないので頭皮へのダメージは低く、負担が少ないので回復も早いものとなっています。
ただ、ドナーの毛根は傷つきやすいので、医師の技術レベルで左右されるものに。
できるだけ症例数の多い、技術力のある医師を選ぶようにしないといけません。

自毛自殖の最大のメリットは、移植した髪が定着すれば、そのままずっと生え続ける事
薄毛治療の中では治療効果も高いものとなっていますから、これまでどんな治療をしてもなかなか改善してこなかった人は、思い切って自毛自殖に切り替えたほうが楽かもしれません。

↑ PAGE TOP