<h1>不倫、浮気での慰謝料相場</h1>
パートナーが浮気や不倫をしていたとき、法的には慰謝料を請求することが出来る場合があります。ここでは、不倫、浮気での慰謝料の一般的な相場についてわかりやすく解説していきます。

不倫、浮気での慰謝料相場

不倫、浮気での慰謝料相場不倫、浮気といった不貞行為の被害が遭った場合には、加害者である彼氏や彼女、夫や妻といったパートナーに対して慰謝料を請求することが可能となっています。

 

ただし恋人関係に関して言えばただ付き合っているだけの段階ではではなく、結納を済ませているなど婚約が済んでいる段階で正式な支払い義務が生じますので基本的な知識といて覚えておくといいでしょう。

 

確実に相手が悪い、つまり相手側に100パーセントの有責やある状態での不倫、浮気での慰謝料相場としては、概ね100万円から200万円程度だと捉えておけばいいでしょう。

 

ただあくまでも相場は平均的な目安なので、有責者が多大な資産を保有している場合や離婚裁判にしない変わりに金額を上乗せしてもらいたいといった要望に応えてもらった場合などには、示談交渉によって500万円や1000万円を超える慰謝料が支払われることがあります。

 

裁判で金額を争う場合に関しては、どれだけ相手側に落ち度があったとしても300万円以下の支払いが判決で下される可能性が高いものと認識しておいてください。

 

まだ結婚していない恋人関係であったとしても、婚約済みであれば婚姻関係が結ばれている方達と同じような条件で慰謝料の請求を行うことが可能です。

 

つまり不倫、浮気の代償として100万円から200万円は相手側から支払ってもらえるようになっているのです。示談ではなく裁判に発展したとしても平均相場は100万円から200万円だとイメージしておいてください。

 

また不倫、浮気による慰謝料請求は恋人や夫婦の片割れといった直接的に関わりがあるパートナーだけでなく、その浮気相手や不倫相手に対しても請求することが可能となっています。

 

恋人や夫婦の片割れから数百万円分の支払いがあったとしても、それとは完全に別に浮気相手や不倫相手にも同じ程度の金額を請求できるようになっているということです。

 

相場に見合った平均的な金額を要求しているにもかかわらず相手側が支払いを渋った場合には、裁判を起こし不貞行為が行われたという裁判記録を残すことも出来ますし、弁護士などを介して給料の一部を合法的に差し押さえてしまうことも可能です。

 

一括での支払いが難しいような金額の場合でも分割払いが可能となっていますので、必要とあらば指定の銀行口座に毎月の給料の一部を振り込ませるような手続きをとっておくといいでしょう。この手続きも弁護士や司法書士に代行してもらえます。

関連ページ

男の浮気の兆候
男性が浮気をしている、そんなときはどんなことで気づくことが出来るのでしょうか?浮気をしている男性が良く見せるような、男性の浮気の兆候についてわかりやすく解説していきます。
女の浮気の兆候
女性が浮気をしているときは、どんなことから気づくことが出来るのでしょうか?怪しいと感じた時に押さえておきたい、女性の浮気の兆候についてわかりやすく解説していきます。
浮気の証拠をつかむ方法
浮気かな…パートナーの怪しげな行動を、心をかき乱してしまうほど不安を煽る事態です。そんなとき、本当に浮気をしているのかはっきりせずに行動してしまうと、あまり良い結果を産まないことがほとんどです。ここでは、浮気の証拠をつかむ方法についてわかりやすく解説していきます。
浮気調査グッズについて
浮気かどうか、その事実をしっかりと掴むためには、はっきりとした証拠をつかむことが重要です。ここでは、浮気調査のために役立つグッズについてわかりやすく解説していきます。
離婚の準備について
パートナーが浮気をしている証拠が出てきた時、もう二度と顔も見たくない、関係を続けることなんて出来ない!という方も多いはず。ここでは、離婚をするための準備についてわかりやすく解説していきます。
復縁方法
パートナーが浮気をしていたという事実がつきつけられたとき、非常に大きなショックを受けてしまうかと思いますが、場合によっては関係を修復したいという方もいらっしゃるでしょう。ここでは、浮気が発覚したときの、上手な復縁の方法についてわかりやすく解説していきます。
自分で浮気調査するリスク
パートナーの行動に怪しさを感じたとき、浮気かもしれないような不安は激しいことが多いため、それが事実かどうか、はっきりさせたいことが多いのでは無いでしょうか?そんなとき、自分で浮気が事実かを調査する場合に考えられるリスクについてわかりやすく解説していきます。

▲TOP